プリウス 値引き 新型

新型プリウスの値引き額は、現在は「15万円」が相場のようです。12月9日の発売日を過ぎれば徐々に新型プリウスも値引きは拡大していくのですが、既に半年以上の納期待ちが発生していることもあり、実際に新型プリウスの値引きが拡大するにはかなり時間がかかると思います。

そこで、トヨタのセールスマンだった経験から当サイトで「値引き交渉に頼らずに新型プリウスを安く買うことができる」方法を公開したいと思います。

誰にでもできる簡単な方法で、普通に値引き交渉をするだけよりも、新型プリウスの購入総額を下げることができてしまうので、是非当サイトの内容を実践していただければと思います。

トヨタ プリウス 値引き

新型プリウスの値引き交渉では、まず下取り車をディーラーに売却しないようにしましょう。

実は、下取り車をディーラーに売却してしまうとセールスは下取り車を利用して値引きをごまかすことができてしまうからです。セールスが使う、値引き額のごまかし方は後述しますが、他にも下取り車をディーラーに売却すると損な理由があります。

ディーラーでは下取り車を買取した後、通常は自社で持っている中古車店で整備点検してから販売します。いわゆる下取りを取ることは仕入れにもなっているのですが、中古車店舗で販売したい価格に応じて、ある程度下取り車の査定額は先に決まってしまっています。

一方、車の買取を専門にしている買取業者では、中古車店舗を持っている場合もありますが、先に次の買い手が見つかっていたり、オークションに出品したり、海外への輸出ができたりと、買取後の転売先のルートがたくさんあるので、一番高く転売できる条件に合わせて買取額を提示してきます。

そのため、買取業者ではディーラーと比べて下取り車をかなり高額で買取してくれることが多いのです。

このサイトにも、ディーラーよりも「40万円」以上高く買取できる買取業者が見つかった実例が紹介されています。

>>かんたん車査定ガイド

このように、新型プリウス購入時は、値引き交渉に多くの時間を使うよりも、下取り車を高額で売却するために時間を使うほうがはるかに効率的だと思います。

私がセールスをしていた頃、車の値引き額を交渉してくるお客さんはたくさんいましたが、わざわざ下取り車の査定額を交渉してくる方はほとんどいませんでした。ディーラー側の言い値で、そのまま長年乗った愛車を手放してしまう方が多いことに内心驚いていました。

当サイトをご覧になった方は、安い値段で長年乗った愛車を売却しないようにしてください。買取を専門にしている買取業者で査定をした方が査定額は大幅にアップします。

新型プリウスの購入を考えている方に一番おすすめなのは、なるべく複数の買取業者で車を査定することです。なぜかというと、買取業者によって買取の得意車種が違うことや、先に転売先を見つけている業者がより高い査定額を付けることがあるので、比較しないと一番高く売れる業者がタイミングによって変わるからです。

複数の買取業者での査定をする場合はネットの『無料一括査定サービス』が非常に便利です。PCやスマホから複数の業者にまとめて査定を依頼できるので、各社の査定額の比較が簡単にできてしまいます。また、最初から業者を競合させるので、どの業者も少しでも良い条件を提示しようとして、より高額査定になりやすいのも魅力です。

競合できる業者の数が多くて、入力完了までが簡単なサービスを以下にまとめたので、参考にして利用してみてください。

1位 かんたん車査定ガイド

公式サイトはこちら

・情報入力は45秒で『かんたん』に完結
画面ですぐに愛車の概算の査定額が確認できます
・サービスを運営する「エイチーム」は東証一部上場企業
・提携している買取業者は「JADRI(日本自動車流通研究会)」に加盟で安心

公式サイトはこちら

2位 ズバット車買取比較

公式サイトはこちら

全国の150社の買取業者から厳選最大10社に査定依頼できます
・カスタマーセンターで利用時の疑問点や不安な点を解消できます
・サービス運営会社の「ウェブクルー」はネットの比較サイトで有名です

公式サイトはこちら

3位 カーセンサー.net簡単ネット査定

公式サイトはこちら

・サービス運営会社はリクルートです
公式サイトには「車買取・車査定完全ガイド」「車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54 」があるなど、情報量は一番です
・買取額の相場もサイトで公開中。

公式サイトはこちら

プリウス 値引き 交渉レポート

プリウスの値引き交渉のレポートが雑誌やネットで出ているので、その内容からわかっていることを紹介します。

まずは、新型プリウスの車両本体からの値引き額はどこのディーラーもまだ大差が無いということです。あえて値引きをしなくても売れる時期なので、これは納得できます。また、大きく値引きしてもらっているケースでは、プリウス本体の値引きだけではなく、オプションからの値引きやサービスをうまく交渉していることが多いです。

特に旧型のプリウスオーナーには、「プリウスオーナーのための特別条件」という名目で、値引きを上乗せしたりすることもあるようです。ただ、旧型プリウスオーナーに対してのお得感を演出しているだけのはずなので、現在プリウス以外の車に乗っている方でも、同じ条件の値引きを交渉次第で引き出すことはできるはずです。

付き合いのあるディーラーでプリウスの値引き交渉をしているケースもありますが、値引きを大きく引き出している方はトヨタディーラー同士の競合もうまく使っています。

トヨタディーラーはフランチャイズなので、資本違いのディーラー同士であれば、相見積もりしてプリウスの値引き額を競合させることができます。同じトヨタディーラーでも、運営会社によってセールスの質や雰囲気が違うことがあるので、プリウスの値引き額だけではなく、プリウスを購入してからも長く付き合っていけそうなディーラーを選ぶといいと思います。

プリウス 値引き 限界

プリウスの値引きは新型に変わってから1年ぐらいは、「20万円」ほどの値引きが限界になると思います。旧型プリウスはモデル末期での値引き額の限界は「30万円」ほどだったのですが、値引きの限界がそこまで拡大するには販売開始から2年くらいを見た方がいいかもしれません。

 

 

 

 

© 2015 新型 プリウス 値引き rss